安眠対策は枕選びから

枕選びで決まる熟睡度!

安眠や快眠を促進するためには自分に合った枕の選び方がとても大切です。また快眠グッズなどを上手に活用していくと心地よい寝心地をはかることが出来ます。熟睡をするためのポイントをまとめています。枕はどれがいいかしら?快眠グッズは?などと感じておられるのならこれからお話しする安眠対策について是非ご参考にしてください。

「枕が換わると眠れない」といったことがよく言われますが自分に合わないものでは心地よい睡眠ができないものです。安眠対策のグッズはいろいろありますが、何よりも枕の選択が安眠上一番大切です。枕が合わないことから不眠症や首痛、肩痛そして頭痛に陥るケースがとても多く出ています。それだけ枕選びは慎重に決めたいものです。

イチロー選手も枕にこだわり

最近、スポーツ選手も枕にこだわっているということをよく聞きます。ご存知、現ヤンキーズのイチロー選手は、“マイまくら”を常に持ち歩き、暇があれば、球場のベンチ裏で寝ているそうです。もちろんスポーツ選手に限らず私たちも“マイまくら”で快眠にこだわりたいものです。

安眠対策としての安眠枕や快眠グッズなどの商品の需要が増えているそうです。背景には、唯一心身とも、リラックスできるのが睡眠中であるということを私たちは知っているからですね。安眠グッズを上手に利用して、より快適に、より熟睡できる環境を作り出そうと考えるのは自然なことです。

 

枕の高さだけでなく構造もポイント

安眠対策として数十万円もする高級枕を購入する人や、睡眠障害や腰痛の原因となる古いベッドマットを定期的に取り替えたり、快眠グッズを周辺に置き、快眠に気を使っている人が増えているそうです。
お悩みグッズ専門店一番星では 寝返りしても、頭・肩だけが移動し、首や肩の緊張をほぐしてくれる「六角脳枕」を開発しました。不眠症の方や快敵な睡眠を求める方に大いに選ばれています。

安眠グッズも効果あり

安眠グッズとしては、安眠枕とか、マシュマロまくら、低反発マット、アイピロー、冷え対策用のものだったり、暑さ対策用のものなどさまざまな種類の安眠枕やグッズが販売されています。安眠グッズがこれほどまでに流行してきた背景には、現代人は多かれ少なかれ何らかのストレスにさらされているのかも知れません。

通勤ラッシュ、長時間の勤務、仕事は一生懸命にこなしているけど、給料は増えないなど現代人はそれなりのストレスを抱えています。ストレスを抱えていない人はゼロなのかもしれません。このストレスを解消するには熟睡できる環境がなによりも大切です。日常のストレスを溜め込まずに、適度なスポーツや入浴などを規則正しい生活を送ることを大前提に、確かな安眠を得られる枕やグッズをぜひとも活用したいものです。

 

良い睡眠を求めるあまり、周りだけを安眠グッズで固めても本質的な睡眠障害の解決にはなりません。睡眠の質をいかに高めるかが重要になると思います。やはり枕選びが基本です。

ただし、よい安眠枕を手に入れても、寝る前に興奮させるテレビを見すぎたり、睡眠時間が短時間だったりなど、毎日の睡眠サイクルが不規則であれば、安眠枕のの効果も半減し、意味をなさなくなります。また就寝前の入浴も大切です。

 

頭部にフィットする枕選び

安眠枕を選択する場合、頭部にフィットしているかがポイントです。たとえ高級枕などであっても、自分にフィットしたものでなければ余計に眠れなくなるものです。安眠グッズ購入してもどうもフィットしないようであれば使用はやめた方が無難のようです。

健康関連ページ

血管年令 若返り方法 |  ひざの痛み  腰痛治療 | 肩こり対策 | 安眠グッズ 楽天通販  |

管理情報

サイトマップ | プライバシーポリシー

Copyright 2008-2012豊かな健康生活 情報館All rights reserved  
QLOOKアクセス解析