● 専門病院に相談

●多汗症改善のための専門外来がある病院が最近では増えてきました。一人で悩むよりも専門家に相談するのが解決が早いかも知れません。

● やはり専門が一番信頼できるのですが、もし多汗症専門外来がない場合は、皮膚科や精神科、心療内科へ行くことになると思います。

●まずは、自分が住んでいる地域に多汗症専門外来があるか調べましょう。あるようでしたら、まずは受診の予約を取りましょう。

 

● 美容外科で手術

多汗症だけでなくわきがなどの悩みもあるようでしたら美容外科へ行くことも一つの選択です。日帰りの手術が可能で、手術時間も短時間で終わることから仕事に支障をきたすことはないようです。入院などはする必要はありません。また費用に関しても数万円で済むクリニックもあるようです。

★美容外科の手術によって汗の分泌を弱めることが可能です。すぐにでも改善したいとお考えであれば、一度信頼できる美容外科や専門病院に相談してみることをおすすめ致します。

 

● 心理療法を活用

一般的には自律神経の異常やストレスが原因といわれています。でも治療によって改善することが十分可能です。治療法としてはいろいろな方法があるようですので、自分の症状に合ったものをいくつか試してみることをお勧めします。

★多汗症改善のためには、まずは正しい知識を身につけておくことが一番です。

多汗症になりやすい人は、本来汗っかきの体質のようです。手のひらに汗をかく、足に汗をかくなど、他の人よりも汗をかく量が多くなります。そのようなことから汗に普段から敏感になり、どうしても周囲に対して気兼ねする傾向が強く出てしまうものです。どうしても精神的に疲労を感じることが多くなりますので、心理療法などを利用するのも改善効果があります。

また精神安定剤などの薬物の治療法もあります。多汗症は交感神経が敏感に反応して汗をかいてしまうことが原因ですので、交感神経を落ち着かせる意味でも効果があるようです。汗に対する精神的な不安を取り除くために処方されます。ただし、あくまで精神安定剤ですので、症状を止めることはできません。

 

多汗症改善と対策

汗の悩みを持つ人はなかなか積極的に行動することが出来ないようです。
特にわきの汗にはどうしても敏感になってしまいます。わきの下が汗ばんでいるこが周囲に分かりますし、周囲に嫌な思いをさせてしまうのではと考えがちになります。
それを気にするあまり、緊張でわきの下の汗がさらに増え、多汗症が増幅しまうなど悪循環にに陥ってしまいがちです。

このサイトでは、多汗症の要因分析とその改善法をご紹介しています。

口臭・体臭メニュー

加齢臭サプリメント対策
わきが治療
口臭予防・治療
肩こり対策 
安眠対策と枕 

QLOOKアクセス解析