ガミースマイルについて

笑ったときに歯茎が大きくのぞいてしまう“ガミースマイル”。どんなにキレイな歯並びでも、歯茎が露出しまうと、どうしても笑うことに躊躇してしまいますよね。中には全く気にしない人もいるようですが、若い女性の場合、どうしてもコンプレックスになってしまうようです。
笑うことをためらっていると人間関係に微妙な影を落とすことになりかねません。

ガミースマイル矯正治療とは 

ガミースマイルの治療を受けたいと望んでいる人は実に多くいます。でも、治療法や時間そして費用などで不安があり、ガミースマイルの治療法をためらっているのが実態のようです。最近のガミースマイル治療は日々進歩していますので、一度専門家のカウンセリングを受けられることをお勧めします。

ガミースマイルは、歯が完全に生えきらず、歯茎がかぶさったままの状態になっていたり、唇のラインが上に位置していることから歯茎が見えやすいなどのパターンや程度は様々です。

歯茎の見える程度、年齢や口周りの状態などにより、治療の仕方や手術方法が変わってきます。比較的軽度の場合はボトックス注入で済みますが、歯茎が大きく見えてしまう場合は、ガミースマイルの専門クリニックの美容外科、形成外科での治療が必要になってきます。思いっきり笑ったり、何も気にせずに話ができるなど、口元を気にする心配のない明るい生活を美容外科や形成外科の手術で手に入れてください。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルとは口元をコントロールしている筋肉が上唇を必要以上に上げていたり、あるいは、上あごの骨が長く、前に出てしまい、上側の歯茎が見える状態を指します。これらの場合、矯正治療で治す方が確実なようですね。ガミースマイルは自然に治っていくこと少ないようです。

また原因に応じて治療法が異なります。詳しくは担当医に正確な診断をしてもらう必要があると思います。 ガミースマイルの状態は、大人も子供も同様なのですが、子供の場合、乳歯が生えている幼少期に前歯の歯茎が見えているガミースマイル状態でも、永久歯に生え変わる段階で、ガミースマイルが改善されたという実例があります。

また、両親がともにガミースマイルで、生まれた子供が優性遺伝によりガミースマイルになるという場合もあるようです。子供がガミースマイルの場合、6歳から10歳くらいまでの期間に、上あごと下あごのズレを解消する治療を施し、10歳以降、上あごの骨の成長を抑制する治療をするなどすれば大人になる前に改善することも可能です。

遺伝の場合でも治療法によっては改善するが出来るそうです。ただ、体の成長段階では、完全に全てを改善できるとは言い切れないようです。もし高校生くらいになってもガミースマイルが気になるのであれば、さらに最終治療の継続が必要になります。

指や舌の悪習慣で、上下の噛み合わせが悪くなることも、ガミースマイルの原因の一つです。口の周りの筋肉が一般の人よりも弱いことも、ガミースマイルの原因になっているので、生活習慣を見直すことも必要になってきます。

関連ページ

ボトックス注入法
インプラント治療法
軽度のガミースマイル治療法
重度のガミースマイル治療法
!-- 左サイドバー終了 -->
QLOOKアクセス解析