ホームヘルパー資格取得


福祉資格のひとつであるホームヘルパーの資格を取得を目指す人が近年増加しています。「短時間だけでも介護の必要とする人の手助けが出来たら」「自分で出来る範囲のお手伝いができたら」という動機から訪問介護の世界に入ってきます。
ホームヘルパーになるには都道府県の知事が指定する訪問介護員養成研修受け、課程を修了すると、福祉の業務を担当することが出来ます。

関連メニュー

介護福祉士 受験の手引き
こども虫歯キシリトール
安眠対策
腰痛治療方法とマッサージ

管理情報

ホームヘルパーの2級取得

ホームヘルパーの取得級は3段階に分かれており、仕事の内容範囲や規定が違います。1級取得者は後輩の指導や利用者とヘルパーとのコーディネーターなどの総合的な業務まで出来ます。2級取得は身体介護や家事の援助、老人施設において身体介護ができる業務を有します。

 3級取得は訪問介護をして家事の援助ができる仕事です。ただ3級で出来る仕事の範囲は少ないので、2級から受講する人が多いようです。 ホームヘルパーの資格を取得するには、専門学校、各都道府県や市区町村、などで養成講習を受講し、規定に基づく研修を必要とします。受講時間や実技内容は受講級によって変ってきます。

ホームヘルパー(訪問介護員)の福祉資格受講料は、各都道府県によって異なりますので、詳細は各実施先へお問い合わせ下さい。 

福祉関係は人材不足

ホームヘルパーの業務は高齢者や身体に障害のある方の家庭に訪問し掃除や洗濯などの家事援助をおこないます。ご存知のように、高齢化社会の進展に伴い、この様な家事援助を必要とする一人暮らしの老人が増え続けています。

 ですから今一刻も早く人材が必要なのが介護業界です。この様な背景から、福祉関係の資格を取得して社会の役に立ちたい、やりがいのある仕事がしたい、という気持ちが介護福祉の世界へとめざしています。ところが特に高齢者の方の介護施設などは夜勤もあり、仕事の内容が厳しい事から、人材の流出入が激しいのが実状のようです。でも人の役に立てる仕事ですし、働いてくれる人がいなければ高齢者の人たちは日常生活も困難になります。高意識を持った使命感のある人材が必要としています。

福祉資格の種類

  福祉の資格を取るには国家資格、公的資格、民間資格、任用資格が必要です。国家資格は、国が法律に基づき認定しています。公的資格とは、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定し、取得できる仕事です。
民間資格は、民間団体や公益法人が実施しているもので、民間の団体や企業が独自の審査基準を設けて認定する資格です。福祉資格の任用資格とは、公務員として採用された後に特定の仕事につくために必要とされる資格のことです。

QLOOKアクセス解析