ひざの痛みの三大原因と言えば、足首の内反、猫背、O脚です。低周波治療によるひざ痛の予防法や改善方法についてまとめています。

でひざの痛み軽減

低周波治療の歩行楽

つらい膝痛に悩んでいませんか?

ピリツピリツと電波が走るようなひざの痛みはとても辛いものです。痛みを恐れてついついじっとしていると、血行不良や筋肉の萎縮につながり、ますます歩くことが億劫になるものです。老化は脚からと言われるように、関節を支える筋肉の衰えが膝に微妙に影響を与えます。

ひざ関節の適切な治療を施さないと、どんどん悪化してしまうのです。ひざ痛で悩む方に自宅で手軽に出来る低周波治療マッサージ器、「歩行楽」が今注目されています。ひざ専用に開発されており、1日10分、ひざに巻くだけの治療法なのに、歩行、階段、正座のときのひざの痛みを和らげます。

低周波治療マッサージ器、「歩行楽」の3モード機能

低周波治療マッサージ器、歩行楽の3モード機能

治療モードは「ほぐす」「もむ」「つかむ」の3つのモード+5段階、低周波が電極シートに伝道し、膝周辺の筋肉から神経まで気持ちよく治療します。電池式なので外出先でも治療できるので安心です。

病院・治療院向けに採用されている周波数125Hz採用

猫背、O脚とひざの痛みの関係 

正しい歩き方

つらいひざ痛から開放されるには

まず猫背の場合、猫背になるとひざはつねに曲がった状態になります。ひざが曲がった状態で歩き続けていると、ももの裏にある筋肉のハムストリングスの機能が低下していきます。ハムストリングスが機能しない状態は、それだけで正常な状態ではなく、ひざの痛みにつながります。

またO脚に関しては、女性は骨盤が柔軟に出来ている関係で男性以上にO脚になりやすいと言われています。このO脚も正常ではありません。O脚の姿勢を何10年も続けていると、ひざの痛みとなって現れるようになります。ひざに負担が蓄積しているからです。正しい歩き方を実践する必要があります。

お医者さんのコルセット

《足首の内反》
ひざの痛みの原因の一つに内股と言われる、足首の内反があります。猫背、O脚を含めてひざの痛みを誘発する三大要因と言われています。ひざの痛みで悩んでいる女性の方であれば、まずは自分の歩く姿勢が足首の内反になっていないかを確認する必要があります。親指で地面を蹴り、かかとから着地するのが正しい歩き方をすることによって、体の各筋肉や関節が連動し、スムーズな動きをすることが出来ます。しかしながら正しい歩き方が出来ていないと、この筋肉と関節の連動がうまく出来なくなるため、ひざなどの身体のあちらこちらにひずみが生じてきます。おしゃれを意識してヒールの高い靴など好んで履くと、ひざ痛の大きな要因になりますので注意したいものです。

Copyright © ひざの痛み 原因と改善法 All rights reserved   プライバシーポリシー
QLOOKアクセス解析