受験手引き入手方法


介護福祉士の受験の手引きの入手方法は?介護福祉士の試験日は?など思っておられるのであれば、今からお話しする「介護福祉士」についていうことをじっくりご覧になってから「介護福祉士の受験の手引き」を入手してください。

関連メニュー

ホームヘルパー資格
子供虫歯キシリトール効能
安眠対策
腰痛治療とマッサージ

管理情報

介護福祉士の資格制度

介護福祉士は大学や短大など国が指定した養成施設を卒業すると、無試験で取得できる福祉資格です。1987年に誕生した社会福祉の資格なのですが、介護資格としては唯一の国家資格です。この介護福祉士の資格を取得することが出来ればまず就職に困ることがないといわれています。介護福祉士の受験資格は、3年以上の介護実務経験があること、または高校の福祉課で単位を取得していることです。

試験は、13科目によるマークシート方式の筆記試験となります。医学一般、社会福祉概論、リハビリテーション論、家政学概論、精神保健、老人福祉論などの筆記試験を行ないます。筆記試験に合格すると介護に関する専門的技能の実技試験へと進むことが出来ます。介護福祉士の資格取得するまでの期間はおよそ2年以上はかかるようです。

介護福祉士の試験合格率は、40パーセントほどです。でも必要な受験資格を満たしてしっかり勉強をすれば数回で合格出来る可能性がある試験です。受験地は北海道、鹿児島県、石川県、大阪府、福岡県、東京都、沖縄県、愛知県、香川県などで実施されます。受験費用は1万3,300円です。介護福祉士の受験科目は多いのですが、取得すると就職率が高い注目の福祉資格のようですね。

福祉関係は慢性的人材不足

福祉関係の資格を取得をめざす人は奉仕精神がとても旺盛のようです。誰かの役に立ちたい、やりがいのある仕事がしたい、という気持ちが介護福祉の世界へとめざしています。高齢者の増加に伴い、今一番人材が不足していると言われるれているのが、介護業界です。

福祉の資格は国家資格、公的資格、民間資格、任用資格に分けられます。国家資格は国家試験に合格すると取得出来る資格のことで、国が法律に基づき認定しています。

福祉資格の中の公的資格とは、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定し、取得できる仕事です。民間資格は、民間団体や公益法人が実施しているもので、民間の団体や企業が独自の審査基準を設けて認定する資格です。福祉資格の任用資格とは、公務員として採用された後に特定の仕事につくために必要とされる資格のことです。

最近注目を集め、取得する人が増えている福祉資格ですが、人材が著しく不足しています。特に高齢者の方の介護施設などは夜勤もあり、仕事の内容が厳しい事から、人材の流出人が激しいのが実状のようです。でも人の役に立てる仕事ですし、働いてくれる人がいなければ高齢者の人たちは普通に暮らしていくことも困難になります。ですからとても社会的に大切な仕事です。

介護福祉士資格の入手先

  介護福祉士の受験手引きの入手先は、まず、試験センターのホームページ、または郵便はがきで「受験の手引き」を入手します。この「受験の手引き」の受験申込書と必要書類をそろえて試験センターに申込みを行いますが、受験手数料は、郵便振替または銀行振込みで納付することになります。

QLOOKアクセス解析