血管年令が老化する原因

血管年齢が老化しているということは、動脈硬化をおこす危険性が大ということです。そして大きな病気を引き起こす引き金となる可能性があります。血管年令を老化させないようにするには食生活を含めて生活習慣全般の見直しが必要となります。 結論から言うと、血管年令の老化をおこす高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙など危険因子をもたないようにすることです。

ご存知のように、昨今、食生活の欧米化が進み、糖尿、高血圧、高脂血、肥満等、いわゆるメタボと言われる生活習慣病にかかる人が急増しています。この生活習慣病が起因となって脳梗塞になる人も増えています。さらに血管が蛋白質不足や塩分過多が原因で血管がもろくなる「脳出血」にかかる人も増加傾向にあるのです。

血管の流れが悪いと脳梗塞を惹き起こします。

この脳梗塞で倒れた方に、巨人の名誉監督である長嶋茂雄さんがいらっしいます。 現在リハビリに頑張っておられるようですね。著名人では、帰らぬ人となりましたがダイエーの創業者 中内さんの死も「脳梗塞」だったのが記憶に新しいと思います。現代の環境では、誰しも同じようにかかる可能性を抱えています。ですから、血管年令の若返り法は、日常生活の中でコツコツ改善していくしか方法はありません。

つまり生活習慣病にならないように努力することです。最も心がけなくてはいけないことは運動と食生活です。毎日30分以上はウオーキングをしたり、 年令に応じた適度な運動やスポーツを継続していくことが必要です。食生活は野菜や果物、魚を多く食べ、高脂血症も惹き起こす、脂肪の取り過ぎに十分注意し、ビタミン、ミネラルを多く摂取しましょう。 このビタミン、ミネラルが豊富に含んでいる健康食品に古代より愛用されてきた京都の桑の源があります。その桑葉にシルクフィブロインをバランスよく配合され、現代人の健康維持に貢献しています。

心身の疲れはゆったりと過ごすことで解消するものですね。自分なりの趣味などをもち、心を開放し、創造的に生きていくように心がけてましょう。さらに常に知的に頭を使うことも血管年令を維持するのに効果があると言われています。また大切なことは睡眠不足になるようなストレスを抱え込まないように上手にセーブしましょう。

血管年令をチェックしてみませんか

血管年令を知ることは健康上とても大切であることをお分かりいただけたと思います。異変がおこってからでは遅いのです。残念ながら、血管の流れが異常だとわかる自覚症状はありません。

心筋梗塞や脳卒中で倒れてはじめて、動脈硬化の怖さに気づきます。しかも、動脈硬化は高齢者がかかる病気と思われがちでしたが、最近は若い人にも増えてきています。20代、30代でも、血管は50代という人もめずらしくないようですね。

自分の血管年令を知るには専門病院などでBCチェッカーと言われる血管年令測定器で動脈硬化や血液検査キットなどで血液の状態をチェックしましょう。血管年令は長い間の生活習慣のバロメーターです。ですから、また一朝一夕で改善されるものでもありませんが、心がけ一つで血管年令は若返ります。日々の養生に努めましょう。

動脈硬化がこわいワケ

動脈硬化は別名をサイレント・キラー(静かなる暗殺者)と呼ばれています。痛みを伴うこともなく、静かに忍び寄ってきます。もちろん、そのまま命を失うことにもなりかねません。

●動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中など、日本の病死原因の2位と3位は動脈硬化がその引き金となっているのです。

関連メニュー

安眠対策と枕  
ひざの痛み 解消 
口臭対策とサプリメント 
水虫完治への道 
便秘解消 オリゴ糖  
腰痛治療とマッサージ 
天然水摂取

管理情報

サイトマップ
プライバシーポリシー