にきびの洗顔とフォーム

にきび治療の基本は洗顔が大切だとされているので、毎日何度も頑張ってみても良くならない経験をした人は大勢いると思います。もしかしたら洗顔方法がピントはずれなのかもしれませんし、今使っているクレンジングや洗顔料があなたの肌に合っていないのかもしれません。

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力の強い《界面活性剤》が配合されています。これらの製品は気がつかないうちに肌を守っている大切な防御機能まで取り去ってしまい、過剰な皮脂分泌を起こすことで、かえってにきびを増加させてしまうのです。

にきびを改善するには洗顔は必要不可欠なのですが、
今使っているクレンジングや洗顔料がニキビを悪化させているとしたら?

にきびを改善するには、お肌が炎症をおこしてにきびを悪化させるようにしましょう。いじったり潰したりしないことです。潰してしまうと、にきび跡や色素沈着の原因になってしまいます。また、炎症の原因になる油分の強いファンデーションやクリームの使用を控え、刺激の少ないスキンケアを選ぶようにしましょう。 それから、にきびを乾かさないようにうるおいをたっぷり与え、カミツレエキスなどの炎症を抑える効果のある天然ハーブを配合した化粧水でお手入れをすると効果的です。

にきびにに関する知識があれば改善することの可能性が増すと思います。そして原因を取り除く方法をひとつひとつ実践していけばいいのです。にきびを早く治したいとの気持ちにかられて手順を踏まないでいるとにきび改善は一向に進まないものです。

ホルモンのアンバランスがにきびの元

一般的にはにきび治療の悩みを持つのは10代の中学生くらいからでしょうか。この時期は心身とも活発な成長期であなのですが、急ににきびが出てくると中学生は多くは悩むようになります。にきび世代とも言われています。

もちろん男性に限らず、女性にも見られます。この10代のにきびはの原因は、男性ホルモンが増加することによって、皮脂量の増加と毛穴の発達のアンバランスから発生します。つまり、にきびは皮脂量の増加に毛穴の発達が追いつかないことによって起こります。

男性ホルモンの特徴は、皮脂の分泌を活発化させる働きがあります。このため過剰な皮脂の発生がにきびの原因となります。にきびは毛穴に皮脂がたまることによって起こります。思春期以降になると皮脂腺が発達しますので、皮脂の分泌がどんどん活発になっていきます。しかしまだ毛穴の発達は不十分なため、皮脂を外部に排出することができないのです。

野菜中心の食生活が大切

にきびになりやすい人は、明らかに皮脂の分泌量が多い人です。なんとなく油っぽい人っていますよね。そういう体質の人はにきびになりやすい体質と言えます。ですから、まず、皮脂が多い体質を改善する必要があります。この皮脂の分泌量を押さえる食生活を摂取と生活習慣もの見直していくことが一番のようです。

●たとえば規則正しい生活をするとか、野菜中心の食事に切り替えるとかすれば体質は徐々に変化していきます。それでは一体どういうものを避けた方が良いかをあげてみます。因果関係が明らかではないのですが、脂分と糖分の多いものは減らしたほうが無難です。

● にきびを早く治療したい人は、まず、ナッツ類とチョコレートは避けたほうが無難です。カフェインの入ったコーヒーやカレー、スパイシーなエスニックフードもよくないようです。添加物の多い食物は避けたほうがいいでしょう。炎症が促進される活性酸素が増えるので、お勧めしません。

でも、全面禁止にするとかえってストレスがたまりますので、減らす努力のほかに、一品足すという発想をしてみてはどうでしょう。たとえばレトルト食品を食べたら、野菜ジュースを飲むとか、おひたしを食べるとか、それも難しい場合は、ビタミンABCのサプリメントを飲むのもにきび(ニキビ)治療に有効です

にきびをきれいに修復 再発防止するには

にきび治療は適切なケアしていかないと再発します。治ったと思っても残念ながら多くの人が再発してしまいます。

実は治った箇所はにきびが出来たことによりその皮膚の箇所が弱っています。皮膚が弱っているということは、刺激にも敏感になりやすく、また雑菌も発生しやすいのです。そのためきちんとしたケアをしていかないと、再発する可能性は高くなるでしょう。

特に一度にきびが出来た箇所は注意が必要です。同じ箇所には繰り返し出来るのはこのようなことが要因になっています。

ですから一度完治したからといって安心することは出来ません。なるべく早期ににきび治療のケアをして、その後に再発しないように日ごろから気をつけておきましょう。

関連メニュー

アトピーの原因と改善法
水虫対策と治療法
ニキビ解消
口臭対策 

QLOOKアクセス解析