紫外線の危険性

昔は紫外線を浴び、日光浴することが身体を丈夫にするので健康上良いとこれまでは推奨されてきました。しかし今日では過度の紫外線は肌の老化を早めたり皮膚がんの原因になるなどの悪影響が出ると判明しています。

日焼けした小麦色の肌も健康的に見えるので、ついつい日焼けを楽しんでいる人も多いようですが、きちんとケアをしていかないと、後で取り返しの付かない状況になることもあります。紫外線の危険性が近年話題になっているのは理由があるからです。

赤ちゃんの頃から紫外線対策を法律で決めている国もあります。太陽の下で元気に遊ぶのは本当に爽快です。しかしそれも紫外線対策をしながらという前提が付きます。温暖化の影響で紫外線が強くなっているといわれています。上手に紫外線をカバーしながら生活できる工夫が必要ですね。

紫外線対策は室内でも

紫外線対策は灼熱の太陽の下だけで意識するのは片手落ちです。外に居るときだけではないのです。実は紫外線は一日中室内にいたとしても降り注いでいます。油断は出来ません。雲やガラス窓を通過し、室内に降り注ぎます。曇りの日は晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。室内にいるから安心ということにはならないのです。

室内での紫外線対策を怠っていると、知らないうちに紫外線が蓄積し、将来的に肌に悪い影響を与えることになりかねません。また紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響を及ぼすのですが、ついつい無防備となるものです。目も紫外線を長く浴びると乾燥して「疲れ目」の症状が出るほか、白内障のリスクを高めます。UVカットサングラスなどを利用し、日差しの強い日の紫外線対策をしましょう。

日焼け止めクリームの使い分け

若い人の場合、皮膚に回復力がありますので、紫外線のダメージは早く回復できますが、若いからといってほっているとダメージが蓄積して、あとで後悔することになりますので要注意です。若い女性なら小麦色の肌にあこがれるものなのですが、あくまで紫外線を防ぎながらファッションを楽しみましょう。

日焼け止めクリームを使うことでは紫外線対策は有効です。特に日焼け止めクリームを使い分けることで、紫外線対策が何倍もの効果を発揮します。日焼け止めクリームを使用することは、大変有効なのですが、使い方がポイントです。解説をしっかり読みましょう。数値が高いという理由だけで日焼け止めクリーム購入しても必ずしも効果があるとは限りません。

日焼け止めクリームのSPFやPAなど、使用シーンや自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です。必ずしも数値が高いほうがいいわけではありません。一般的に子供はSPF10から20、PAはPA+からPA++が適しています。大人は日常はSPF20から30程度、アウトドア時はSPF40から50でPAはPA+++が良いとされています。現在はさまざまな日焼け止め製品が販売されています。より効果のある紫外線対策をするために、購入の際に専門家とよく相談して自分に合った製品を選ぶようにしましょう。

紫外線の影響

女性の場合、日焼け止めクリームを塗るなど、紫外線対策を、かなり意識してケアしています。

★ところが男性の場合はケアしている人はほとんどいないといってもいいかもしれません。しかし紫外線は男女関係なく、「しわ」や「たるみ」の元になるので要注意です。この「しわ」や「たるみ」は加齢による皮膚や筋肉、脂肪の変化だけではなく、紫外線の影響が大きくかかわっていることがあります。

★肌年齢を若く保つためには、男性も紫外線カットは意識していく必要があります。

関連メニュー

にきび洗顔フォーム 
アトピーの原因と改善法  
水虫対策と治療法   
冷え性対策 
肩こり対策 

管理情報

サイトマップ
プライバシーポリシー

QLOOKアクセス解析