アトピー顔 改善法


アトピー顔対策 適切なオイルによるスキンケアー

これ以上アトピー顔の皮膚炎を悪化させないようにするためには毎日のケアと症状があらわれた時の慎重な対応策が求められることになります。

〈 日常のスキンケア 〉
黄色ブドウ球菌などのバクテリアがアトピーの炎症を起こす原因の一つであると言われています。皮膚に悪影響を及ぼさないようにするには皮膚の汚れをきちんと除去してくれる適切なオイルでクレンジングしましょう。 皮膚をいつも清潔に保つことに加えて、何よりも保湿をしっかりとして、皮膚を乾燥させないように常にていねいなスキンケアを心がけましょう。入浴後のスキンケアは特に丁寧に行なうことがアトピー対策の基本です。

毎日使う化粧品は無添加や天然素材の製品を極力使用し、 刺激の強い成分を含む化粧品や洗顔の際にも洗浄成分の強すぎるものは避けましょう。
またあまりゴシゴシと洗いすぎないように慎重に洗顔することも大切です。常に保湿を心がけて皮膚の乾燥を防ぐ対策も行っておきたいところです。

顔の皮膚は、つねに外気に晒されています。刺激によって炎症が悪化する度合いが強いので紫外線をカットするスキンケア製品を使用するなどの準備が必要です。 外出時の帽子着用は必須です。

発症すると目立つ部分だけに顔のアトピー対策は特に慎重な対応が求められることになります。


日本一の売上実績!お砂糖のスキンケア 「みんなの肌潤糖」

原料の80%が北海道のビート糖(てん菜糖)で、残り20%は、肌を傷めないために周りにコーティング、たったこれだけで 顔や腕、足など全身のガサガサ、ゴワゴワ、ムズムズが気にならなくなる植物性オイル、 アトピーに悩んでいる人たちの間で、今、大きな注目を浴びている「みんなの肌潤糖」とはいったいどのようなものでしょうか?

>>さらに詳しく

今美容業界で話題騒然!世界が注目するオイルオーガニックコスメ「ホホバオイル」 

ミシガン大学のレポートによるとホホバオイルは、バクテリアやアレルギーの原因となる異物の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能を回復させるとのことから今やホホバオイルは敏感肌やアトピーのスキンケアとして必需品となりつつある。高品質なだけに多少価格も高めなのですが、アトピーに悩む人の美肌対策に大きな救世主となってくれそうです。

>>もっと詳しく

アトピー顔原因 食生活とストレス

〈生活環境の調整 〉
アトピー顔の対策には汗をかいたらこまめに着替えをするということは当然ですが、直接肌に当たる衣類は、綿などの刺激の少ないものにした方が効果的です。

アルコールによって体温が上昇するとかゆみやじんましんが出る場合があるので、体調や体質によってはアルコール飲料水を避けた方が良いでしょう。

水道水にも注意しましょう。実は水道水に含まれている塩素が皮膚炎を起し、アトピーを引き起こします。飲み水だけではなく、当然、風呂やシャワーの水にも十分に注意する必要があります。できれば天然水やナチュラルウォーターを利用した方がよいと思います。

化粧品や合成洗剤に限らずシャンプーや歯磨き粉などにも注意が必要です。化学物質をなるべく避けるようにしていくことがアトピー顔対策や予防になります。甘いものや加工食品、スナック菓子に含まれる食品添加物などもアトピーの原因になりますので食生活を見直しましょう。

痒さから、つい掻いてしまうことがあるものです。爪で皮膚を傷つけたり、引っかからないようにするために、いつも爪は短く切っておくことをこころがけましょう。

〈 無農薬野菜・無汚染野菜や海草の摂取 〉
次に食べ物が原因のアトピーです。草食動物(牛など)の脂肪や酸化された脂肪はアトピー性皮膚炎を悪化させると考えられます。できるだけ無農薬、無汚染野菜、青汁や海草を多く食べることが大切です。またドレッシングなどはリノール酸系の油が多く含んでいないものを選ぶようにしてください。

〈 ストレスや疲労をためない 〉
日常生活でのアトピー顔改善法として気をつけなくてはいけないことは、自律神経系を安定させるためのストレスや疲労をためないことが大切です。また薬の取りすぎには気をつけましょう。食生活や生活習慣を見直さずに薬にだけ頼っていても、アトピー対策と改善は有効に働かないでしょう。

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピ-を引き起こす人の特徴は皮膚が弱く、赤ちゃんの頃にオムツかぶれがよくおきていたり、塗り薬、洗剤などで接触性皮膚炎を起こしたりしています。

アトピー性皮膚炎の原因と改善法を考えていく場合、遺伝的な要因を把握していく必要があります。親や兄弟にアレルギー性鼻炎や気管支喘息などのアレルギー疾患を経験している人がいる場合は、アトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

一般的なアトピー性皮膚炎の症状は、乳児期では、よく乳児湿疹と混同される場合があります。頭部から顔面、身体、手足の順に炎症が広がるのが特徴です。 幼児から学童の年令時期には、関節の内側を中心に発症して、耳の下部分が裂ける耳切れの症状が出るのがアトピー性皮膚炎の特徴です。思春期以降になると、乾いた慢性湿疹が広範囲に出ます。

アトピー顔の皮膚炎の症状が悪化してくると、強いかゆみと供に、皮膚が乾燥して表面が白い粉を吹いたようになったり、赤い湿疹や結節などができるなどの症状が出てきます。また患部が傷になると、じゅくじゅくと湿潤した部分からつゆや膿のような液体が浸出することもあります。

アトピー顔の皮膚炎は合併症を起すことがあります。代表的なのは円形脱毛症です。幼児の年令では黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹(とびひ)が多くでます。また伝染性軟属腫(水いぼ)などのウイルスによる皮膚疾患にも感染しやすいと言われています。さらに顔面の症状がひどい場合は、白内障や網膜剥離を合併してしまうこともあります。

注目商品

無農薬の食物繊維はアトピーに効果的。安心と安全性で私が選んだのは… 長寿の里の青汁 >>更に詳しく

関連メニュー


アトピーには実に様々な要因があり、複雑に絡み合っています。改善するにはスキンケア、食事・飲料改善、生活環境とストレスなど見直していくことが大切なことがわかりました。

このサイトではアトピーの改善法についてまとめてありますので、是非ご参考になさって下さい。